« 知ってるかい? | トップページ | »

2009.12.24

萩尾先生は凄かった

分かりきってたことですけどもね。
あの人は、心底凄い人だと思い知らされました。

萩尾望都原画展、最終日の前日に行ってきました。
さすがに駆け込みが多いのか、平日の昼間にも関わらず盛況でしたよ。

たくさんの、本当にたくさんの原画が展示されていて、
「半神」「湖畔にて」「柳の木」は全ページ展示。全てを生原稿で…贅沢すぎるー!
一緒に行った友人はその場で初めて読み、
一作品読むだけで、単行本丸々一冊読んだかのような読後感を味わったそうです。
コマやセリフが詰め込まれてるわけでも、絵が小さいわけでもないのに、
どうしてこんなに濃密な物語が、たった16ページに集約できるのか…これが神の奇跡か…

更に驚いたのは、カラーにしろ白黒・二色原稿にしろ、とんでもなく保存状態が良いこと。
萩尾さん、全ての原稿を出版社から返却してもらっていて、
ご自宅に原稿を保管する為の場所を設けてらっしゃるそうです。
展示されてた原稿の端にも、他の作品の原稿返却願いのメモがありました。
自分が生まれる前に描かれたとは思えない状態で展示されている原稿たちに、
ただただ見とれるばかりでした…。

そして私が一番衝撃だったのが、文庫及び単行本の「銀の三角」の表紙イラスト。

銀の三角 (白泉社文庫)
4592883012

まさかこの絵が、すごく小さいだなんて思いもしなかったよ…。
B5ぐらいでしたか、とにかく小さい。
その小さい絵に、ほっそいホワイトの線で髪のハイライトが一本一本描かれてるんですよ…
緻密すぎる…そして美しすぎるよ…。
すんごく好きなイラストなのに、何故図録に載ってないんだうわああああん。
しかも私の持ってる単行本は早川書房版だから、表紙違うんだよー。文庫買うか…。
つくづく、このイラストが版画になってなくて良かった(笑)買わずにいられないもん。

立体物展示も良かったのですよー。
恋月姫さんの結合双子人形、超かわいこちゃんだったー!
更に、東逸子さんがカスタマイズした、エドガーとアランのスーパードルフィが!
すんごい格好良かった…うおお…
あと、レオくんイメージとして置いてあった招き猫の手が、
にょろーんとベラボーに長くてツボでした(笑)超欲しかった(笑)

物販コーナーで図録や大型本などを買い込んで帰ってきました。
グッズはポストカードとクリアファイルだけ。
私の好きなキャラと作品、マイナーなんですかね…
トーマの心臓のオスカー、スター・レッドのエルグ、ポーの一族のオズワルドとユーシス兄弟。
作品ならアメリカン・パイ、銀の三角、精霊狩り。…マイナーにも程がある。

開催期間が短かかったのがすごく悔やまれる展示会でした。
もっと何度も見たかったよぅ…。

|

« 知ってるかい? | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21898/47098764

この記事へのトラックバック一覧です: 萩尾先生は凄かった:

« 知ってるかい? | トップページ | »