« 卑怯だ! | トップページ | mixi変換の罠に落ちる »

2008.11.06

新たな一面

私をロシア人に例えると、イロモノ・オヤジスキーです。
遥か4なら、間違いなく柊を選ぶタイプです。
そんな自分の知られざる一面がどんどん明らかにされていく、遥か4。

風早、のほほん従順っぷりがたまらん!正当派もへ!

きゃー!那岐かわいいーー!!ツンデレ!ツンデレ!!

どんどんなついていく遠夜、キュン…!!

ショタに目覚めるなんてそんなバカな!ああでも布都彦、かわいすぎる!

石田氏の悪役低音はカッコいいなー、ってうわぁ!デレた時の落差もへ!

柊、やりすぎ感が漂ってるのに、結局そんなセリフにもへてしまうよ…!

今までの私なら絶対に興味無いハズのサザキ、のたうちまわるほどホレたー!

新たな一面、出過ぎ。
しかし一人だけ、ちっとももへないキャラがいたのですよ。

葛城忍人。黒髪の真面目な青年。
カタブツで、主人公に説教するばかりの、つまらないキャラ。
もへポイントの高い戦闘中のセリフも、油断するなだの邪魔するなだのと
硬い声で言うばかりで面白みがありません。

昨日、6時間ほど連続プレイして一挙に三人クリアしました。
その三人目が忍人だったんですが…

まさかの脳天直撃、急降下もへ。

彼には、悲恋エンドと成就エンドの二種類があります。基本は悲恋で、成就はおまけ扱い。
この悲恋エンドが凄かった…!
他のキャラでもアナザーエンディングが結構好きだったりするほど、
切ないストーリー展開が好きなんですけども、この悲恋エンドは抜群に切ない。
硬い声のセリフはまるで感情が入らずに棒読みのようだったのに、
切ないセリフは無茶苦茶に切なく言い分けている中原氏にヤラれた。
一度切ない声を聞いてからだと、硬い声はわざと言ってるように聞こえて余計に切なく…
中原氏、なんという策士…!

すっかり他のキャラに心奪われて本題を忘れそうな勢いですが、
メインキャラ攻略は柊一人を残すだけになりました。
あと一人クリアすれば、ついに風早の成就エンドへの道が・・・・

・・・ここまでやって、悲恋エンドの方が切なくて好きだったなんてオチは無いよね…?

そこまでのネタ人生はいらないよ…!

ところで、忍人は「おしひと」と読みます。
ついうっかり「おしたり」と読んでしまうのは何故だろう何故かしら。
テニプリは全く読んでいないのに…
眼鏡だって掛けてないのに…(間違いなくテニプリ脳)


どんなに乙女ゲーにはまっても、忘れてませんよ。みいこさまコーナー。

ぱむだベッドの敷き布団とマットレスの間にいました。
寒いにしても、何故こんな窮屈なところに挟まってるんだろう。

|

« 卑怯だ! | トップページ | mixi変換の罠に落ちる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21898/43025742

この記事へのトラックバック一覧です: 新たな一面:

« 卑怯だ! | トップページ | mixi変換の罠に落ちる »