« X・CROSS | トップページ | ゆめ »

2008.06.01

粉製作

化粧は以前と変わらずほとんどしてません。
ねんどの化粧水つけて、粉はたいてリップ・口紅で終了。
冬場と気が向いた時だけ、ねんどのミルキィローションを追加。

しかしここにきて、最悪の事態が訪れました。
残りわずかになった茴香のフェイスパウダーを取り寄せようとしたら、なんと販売終了。
慌てて粉材料を通販で購入してゴリゴリ作りました。
ほぼ全ての材料をオレンジフラワーさんで購入。まとめて揃うのでラクラク。

ゴリゴリする乳鉢は、こんなこともあろうかとハンズで数年前に買ったのが役立ちました。
ベースになるタルクと、UVカットの微粒子二酸化チタン・微粒子二酸化亜鉛、
茴香のパウダーに入ってた真珠パウダーに、シルクパウダーも入れました。
赤色の酸化鉄だけはハンズで購入したのがあったので使いました。
ツヤなしのアプリコットカラーのマイカ、色合わせするのに便利でした。
あとで「使用感が良くなる」と聞いて無水ケイ素を追加購入。確かに良くなります。

この材料の中で、シルクパウダーだけ写真に入れ忘れました。
うっかりして、白くないヤツを買ったんですよ。
そしたらこれ、酸っぱいような匂いがありましてね。
何も考えずにドカドカ入れちゃって、すごく酸っぱい物体になりました。
仕方なくシッカロール入れて誤魔化したよ!いいにおーい。(シッカロールジャンキー

さて、この材料には、実は足りないものがあるのです。
私は全然気付いてなくて、どうもおかしいなーと困りながら作ってました。
白いタルクに赤入れれば、ピンクだと思ってたんですよ。

タルク自体は単なるベースで、白が別に必要だったなんて!

気付かないよねー。タルクで薄めればいいんだと思うよねー。
それが粉っぽさが増すばかりで、ちっとも白くならないのー。ぱむだ超びっくりー。
パウダー材料に必ず入ってるカオリンがこんなことに必要だなんて、全く思ってなかったよー。

「必ず入ってる」の段階で気付かなかったのが敗因だね!

二酸化チタンでも白くなるとの情報を得て、ドカドカ混入しました。
この「微粒子」、保存袋の口締めてもすき間から出てきます。粒子細かいってすげぇ。

全部の材料合わせて3,000円ぐらい。
タルク以外の材料は少しずつしか使わないので、50g500円のタルク足すだけで
延々作り続けられます。その50gすら、いつ終わるのか分からないくらい残ってます。
しばらくは材料を買い足す必要もなく…

いや、カオリンと白いシルクパウダーは必要だったな…。それも、すごく…。

そうそう、手作り化粧品はきちんと消毒した器具で作るのが鉄則です。
熱湯消毒・アルコール消毒が必須です。

決してそこらへんにあったメモ用紙で粉かき出したりしちゃダメだよ!
乳鉢をせっけんでテケトーに洗って終わり、とかもダメだよ!
ぜったいだよ!ぱむだとの約束だ!

すみません、見ての通り全然やってません。
こりゃ腐ったな、と思ったら捨てるのがいいよ!

いや、粉類はそんなに神経質でなくても、たぶん平気です。たぶん。
リップとかクリームとかは気を付けましょう。
私はそっちでもやってないですけどもね。腐ったら捨てるのが(以下略)

|

« X・CROSS | トップページ | ゆめ »

コメント

適当過ぎさに惚れた。(´∀`)

投稿: D | 2008.06.03 00:26

>Dたん
分量を細かく書いてるサイトとか参考にするんですけどね、
メモ用紙折っただけのものをさじ代わりにしてるんでね…
使えればいいんだよ、使えれば!

投稿: ぴよりら | 2008.06.05 01:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21898/41386977

この記事へのトラックバック一覧です: 粉製作:

« X・CROSS | トップページ | ゆめ »