« 動くパソコンへの道 | トップページ | 最大の静音対策 »

2006.04.25

まだやってた静音化対策

しつこく続いてました。パソコン静音化計画。

CPUファンの音の大きさを知りたくて、外して起動してみました。
CPU温度計ソフトは導入済みで、どれくらい違うのかも見てみました。
うっわー、静かー。
これだから友達の水冷マシンは静かだったんだなぁ。しみじみ。
しかし、耳障りな高音はどうやらグラボ付属ファンからの模様。
確認し終わって、ケースファンの向きなんかも変えてみたりしてから再起動。
しばらくいじってからROを起動して・・・

あれ?なんかカクカクしてる。
リログしても変わらず。なんだろうなんだろう。
なんとなーくCPU温度を確認してみたら

90度オーバー。

ぎゃーーー、焼けるーーー!!!

CPUファンの電源差し込むの忘れてました。よくあるよね。あはは。

さてさて、壊れたと思って買ってきたマザーボードの方が性能が上なので、
取り替えてみることにしました。

電源付くのに無反応。

それはまるで、脳みそのないパソコンのように。

まるで脳みそのないパソコンの・・・

脳みそ・・・



あ、CPU付け忘れた。

うっかりにも程がありますが、
CPUちっちゃいんだよ!!見逃しがちなんだよ!!
と自分に言い訳しながら設置し直したものの、

何度やっても青い画面でエラー。

以前参考にしようとブックマークしておいたサイトに青画面エラーの話出てたので、
この症状なのかどうか確認しようかとも思いましたが、
ノートから確認するのも面倒だしもういいや、と元のマザーに戻しました。
今頃になって見てみたら、ビンゴ。
どっちみち、元のマザーに戻してHDD動かさないといけなかったから良いのですが。

でもまだ、せっかく見つかった解決方法は試していません。
マザーを元に戻したら、

なんだかとってもうるさくなったのです。

ファンが歪んでるような、今までより大きな騒音。
しかもパソコンの動作も鈍くなっています。温度もだいぶ高め。
おかしい、今度はちゃんとCPUファンの電源繋いだし、
なによりファンが付いてなかった時ほどには温度が上がっていない。
CPUにシリコングリスを塗らなくてはならなかったのを知らず、
そのまま乗っけてるせいかしら、でもそんなの今に始まった事じゃないし・・・
ひとまず開けて見てみます。
グラボや付け替えたケースファンを確認して、
最後にCPUファンを引っ張ってみたけど問題なし。
引いてダメなら押してみるかー、と何気なく押してみたら

かちっ。と固定具のツメのはまる音が。

原因判明。

どれもこれもうっかりミス。だめぱむだって素晴らしい。

新しいマザボが使えるようになったら、AGP8Xが使えるのよね・・・。
メモリもあと二本載せられるのよね・・・。
CPUファンも静音タイプが欲しいのよね・・・。
なんだかもう一台組めそうになってるけど、

CPUさえ買わなければ大丈夫だ・・・!(末期症状)

|

« 動くパソコンへの道 | トップページ | 最大の静音対策 »

コメント

(´ヮ`)<もう友達のPC買いとってくるといいよ。

投稿: 風花 | 2006.04.26 10:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まだやってた静音化対策:

« 動くパソコンへの道 | トップページ | 最大の静音対策 »