« 熊缶開封 | トップページ | マニュアル整理の恩恵 »

2006.03.23

手作り石鹸

せっけんが手作り出来るのを知っていますか?
廃油を利用して作る石鹸を思い浮かべる方もいるかもしれませんが、
最近「手作り石鹸」として話題になっているのは、
オリーブオイルやパームオイルを使って作るもの。
一般的に「マルセイユ石鹸」と呼ばれている、とっても上質なものが
家庭のキッチンで作れてしまうのです。

劇薬指定されている苛性ソーダを使うし、温度計とか揃えなきゃいけないし、
油をきっちり計量するのが面倒だしと、石鹸作りはうらやむだけにしていたのですが、
東急ハンズで、計量されたオイルミックスが売っているのを見てしまいました。
一番のネックだった「面倒な計量」がクリアされている!作りたい!
というわけで初めて作ってみたのが二ヶ月ほど前。
材料混ぜて、半日寝かせて、牛乳パックで作った型に入れて、一ヶ月寝かせて。
使用開始日を待ちかねるようにして使った石鹸は、

極上の使い心地でした。

最初は顔を、そして体を、最後には頭も石鹸で洗うように。
特に石鹸洗髪は、もうシャンプーには戻れない心地よさです。
以前から一般的な「マルセイユ石鹸」は使っていて、頭を洗ってみたことも
ありますが、どうにも納得のいかない洗い心地・洗い上がりでした。
手作りの石鹸で洗って、あまりの違いにびっくり。まさかこんなに違うとは。
リンスがわりにお酢を薄めて使うのですが、予想外に「お風呂場でお酢」に違和感ナシ。
リンゴ酢だのなんだのなんてゴージャスなものはないので、当然ミツカン酢。
なんら問題ナシでした。

全身洗うようになって徐々に減りが早くなりました。
ただでさえ油分を残した作り方なので減りが早いんですけども。
更に母まで全身石鹸洗浄派になってしまい、ますます減ってゆく石鹸。
そんなわけで今日、二回目の石鹸作りを開始。
今回はハチミツを配合してみようかな、と。髪の保湿に良いそうです。
最初の混ぜ段階からハチミツを湯煎して準備してたのに、
型入れ直前に混ぜるものだと気付きました。見なかったことにしてハチミツ戻しました。
一回目の時はケチって一本しか用意してなかった温度計は二本目を追加したのに、
38~40度にするところを何故か43度で混合開始。誤差だ、誤差。あはは。
ちっちゃいのしか無くて泣きそうになった泡立て器は買い忘れて、
また泣きながらまぜまぜ。ああ誤差だ、誤差だとも。・・・しくしく。

とりあえずまぜまぜが完了したら、半日放置。
だらだらして、ご飯食べに行って、帰ってきて「まだだよねー」とボウルを覗くと

うわあばっちり型入れ時じゃないですかー!

ホットケーキのタネにとてもよく似た美味しそうな石鹸のタネ(食べられません)を
ゴムべら使って牛乳パックの型に流し入れていきます。

でろでろでろでろでろでろでろでろ



あーーーーーーーーーーーーー!!!!!!



ハ チ ミ ツ 忘 れ た ー ! ! ! ! ! ! !



・・・でろでろでろでろでろでろでろでろ

そこまでやっちゃって止められるはずもなく。
ハチミツ配合は次回のお楽しみだ・・・。

|

« 熊缶開封 | トップページ | マニュアル整理の恩恵 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21898/9223029

この記事へのトラックバック一覧です: 手作り石鹸:

« 熊缶開封 | トップページ | マニュアル整理の恩恵 »