« トート閣下に武田真治ー!? | トップページ | インとヤン »

2005.12.07

キーワードバトン

こんなバトンもあったんですねー。
ブログで連想ゲーム、のような。
オウジさんから回ってきました。ありがとうございます(^-^)

1. 受け取ったキーワード
中島みゆき→わかれうた→失恋→涙→青春→ドキドキ→初対面→学校→初恋 →同級生→幼なじみ→親友→心の友→大切→家族→旅行→出会い→春→桜→ピンク→桃→岡山→奈良→堂本剛→堂本光一→F1→光一のオレファン→カーキチ→ 足フェチ→ミニスカート→相葉雅紀→嵐→「one」→「PRESIOCE ONE」(綴りに自信ないけど)→王様コン→絆→「8→1」→大倉忠義→ドラム→よでぃー→より(藤家和依)→Question?→感じてみろ! →8⇒1→最強で最高→コンサート→「大阪ロマネスク」→ダンス→バックダンサー→辰巳君&こっしー(辰巳雄大&越岡裕貴)→TOP SECRET→Lucky Man→No.1→ホスト→甘い言葉→もう君以外愛せない→紫→夕暮れ時→オレンジ→ガーベラ→花占い→恋→映美くらら→大好き!→娘役→癒し

個人的に気になるのが「ミニスカート→相葉雅紀」の流れ。
こりゃ気になってバトン元たどっちゃうわ…(笑)すごい罠だ…。
中島さんから始まって、ジャニーズを通過して宝塚というのもまた楽しいですな。
そうそう、先に謝っておきますが、
上記単語で検索して辿り着いた方、有用な情報が無くてゴメンナサイ。

2. 自分がイメージしたキーワード
実はあんまり「癒し系」などの言葉を普段は使わないんですが。
通常使われているよりも大きな意味のイメージが強いのです。
「治癒」に近い感じとでも言いますか…。
今、世間で「癒し」と表現されているものに対して使っている言葉は「和む」でしょうか。
私がなごむものと言ったら…

イカれたぬいぐるみとか、
ぱむだちゃんたち(生も非生も)とか、
とにかくふかふかとしたもの、とか、
ただひたすら寝る、とか…

まともなキーワードが出てきません。

舞台や音楽は、精神研ぎ澄まして集中してがっつり見て聞いてしまうので、
和むどころか興奮してえらいことになりますからねぇ。
一般的に「癒し系」と呼ばれてる音楽も大好きなのに、
なにぶん筋肉少女帯とenyaを同じスタンスで聞く人間なので、
「やー、いい曲だわー。うっは りー」って、癒し系の曲もやっぱり興奮して聞いちゃうしなぁ。

仕方なく部屋を見回して、思いつきました。

「手仕事」。
どうでしょうか。

ふろむ・あーすで一目惚れして買った手編みのコート見て思いつきました。
これ、着るとすごく和むんですよね。ほっこりと。
作った人の手の暖かみが感じられて、お気に入りです。
ちょうど、本来の意味の「癒し」にも、一般的な意味の「癒し」にも共通していそうです。
時間作って手芸もまたやりたいなー。作り方の本ばっかり溜まっていくー(涙)。

3. バトンを渡してくれた友達へ
こんな私に回してくれてありがとうですよぅ。
これからもよろしくお願いしますー。
アンケートが毎回楽しみだったりします。
結果もさることながら、今回は選択肢もすごい。当然私は夢見ちゃったわけですが。うひ。

4.バトンをまわす3人
本来は三人に回すようですが、アクティブにブログ更新してる友人が少ないので、
ここはひとつ、ぐったり営業日誌のゆーまちゃんに代表してお願いしましょう。
キーワードも彼女向けな気がします。
気が向いたら記事にしておくんなましよ。

|

« トート閣下に武田真治ー!? | トップページ | インとヤン »

コメント

バトン受け取ってくれてありがとうございましたー!ぴよりらさんならキャラモノ系でくるかなーと思ってたら意外な回答でした。なるほど!

アンケートにも参加していただいてありがとうございます。夢見ましたか。私も日めくりケロさんとかあったら即買いですわ。かなわぬ夢ですが(笑)

投稿: オウジ | 2005.12.11 23:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21898/7505358

この記事へのトラックバック一覧です: キーワードバトン:

» キーワードバトン [ぐったり営業日誌]
ブログで連想ゲーム、らすぃです。 みあちゃからまわってきたのでふにょりと回答ー。 1. 受け取ったキーワード 中島みゆき→わかれうた→失恋→涙→青春→ドキドキ→初対面→学校→初恋 →同級生→幼なじみ→親友→心の友→大切→家族→旅行→出会い→春→桜→...... [続きを読む]

受信: 2005.12.15 00:36

« トート閣下に武田真治ー!? | トップページ | インとヤン »