« Ryzme再開延期 | トップページ | Musical Baton来たる! »

2005.06.19

絵を描く人々

芸術のことは、さっぱり分かりません。
ミュージカルも「なんか好きだから」見てるのです。
そんな私が一目惚れした日本画家さんがいます。

佐々木 経二さん。

作品はこちらを参考に。
 現代日本の画家
 森羅万象

数年前、温泉旅行で時間が余り、タクシーの運ちゃんに案内されて行った保科美術館
たまたま佐々木経二展が開催されていました。
行く前は「えー、日本画ー?でもイヤとも言い出しにくいしなー・・・」と渋々だったんですが、
佐々木氏の絵の前であまりの美しさに呆然と立ち尽くし、30分動けず。
感動しました。本当に美しかった。
運ちゃんありがとう。

いつかまた、自分の目で見たいです。
なかなか個展情報とか調べにくいのですが、
連絡先がご本人のご自宅になっているのでさすがにちょっと・・・(涙)
先月開催済みだった個展も山口県だったようで、どちらにしろ行けなかったー(涙)
日本画家さんではもう一人、かの有名な東山魁夷氏も気になっているのですが、
まだ作品を実際に見たことはないのです。きっと素敵なんだろうなぁ。
こちらは大手百貨店なんかでもしょっちゅう展示されるので、機会見つけて行ってきます。

そしてもう一人。
最近、偶然目にして一目惚れしてしまった絵描きさんがいます。

東 逸子さん。

エッチング(銅版画)やドローイングを手がけていらっしゃる方です。
たまたま目に留まった銀河鉄道の夜の挿絵が、素晴らしかった。
車窓の銀河が、虹色。あんな色で表現する人、初めて見ました。
で、amazonでどかっと衝動買い。
ついでに気になってたわかつきさんのCDも衝動買い。

発送メールが昼過ぎに来て、商品は夜着きました。早すぎ。

数冊届いた中で、特にお気に入りだったのはコレ。


翼の時間
著者:東 逸子
定価:\2,039


厚手のトレペにくるまれてる表紙も好みなんですが、
一頁目開けたらいきなりツボでした。好きすぎる。
なかなか本屋さんで見かけるのは難しいかもしれないですが、
もしも見かけた際には是非手にとってご覧下さいませ。

ちなみに、最初に彼女の絵が気になったのは

カムパネルラが美形だったから。 腐れててごめん。

|

« Ryzme再開延期 | トップページ | Musical Baton来たる! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21898/4612324

この記事へのトラックバック一覧です: 絵を描く人々:

« Ryzme再開延期 | トップページ | Musical Baton来たる! »