« ゆーひに引き続き | トップページ | 岩合光昭写真展 »

2005.05.03

レ・ミゼ二回目

三月の初レ・ミゼに続き、二度目の観劇です。
風邪が完治しない状態だったので、咳をこらえつつ観ました。
「次の暗転まで耐えよう」とか「ここでしておけば次のソロは邪魔にならない」とか
考えられたので、初観劇でなくて良かったー。

感想をまとめてドン。

東山くん、結婚式でのウェイター役の最後、
受け取ったブーケ片手に踊ってた。退場時も軽やかに高々と飛んでた。
ヤツにもっと踊らせてやってくれ・・・嬉しそうに体動かしてたよ・・・。

岡くん、音域のせいなのか声を低く作っているせいなのか、
何言ってるかわからん。張り上げる歌の方が合うのにもったいない。
フィナーレは山口と並んで「ダブルガリバー」だった。

駒田・森のテナルディエ夫妻を観ちゃうと、
別キャストでは拍手する気にならないなぁ。
やっぱ駒田・モリクミはすごいです。
今日は引越のサカイのおじちゃんがテナルディエでしたが、
バルジャンに「ほら正直者の手相ー♪」と右手を差し出すアドリブを。
そこに山口バルジャンが
「真っ赤な顔してお猿さんみたいだけど信じようー♪」と衝撃のアドリブ返し。
尺に収まらないから前半早口で無理矢理入れてました。
ギャグアドリブするバルジャンなんて彼ぐらいではなかろうか。

今日の子役はハズレ。みんな台詞と動作覚えるので一杯一杯な感じ。
コゼットは音程ぐらぐらだし、ガブローシュは滑舌悪いし。
でも「子犬もいつかはデカくなる!」が
「子犬もいつかは猫になる!」に聞こえたのは多分私だけでしょう。ならねぇよ。
ガブローシュはもう女の人だけでいいんじゃないですか?
もんのすごいうまいし、あの人。(名前覚えてません)

シルビア・グラブ、歌声柔らかくてマルシアよりも私はシルビアの方が好き。
ただ、体格良すぎて最後のドレスがちょっと・・・。
やっぱり彼女にはマダム・ヴォルフをやってほしいよぅ。ぴしぴし。(鞭)
新妻聖子さん、うまかったー。
しかし母に言わせると「島田歌穂には全く及ばない」らしいです。
どっかに2000回記念キャストのチケット落ちてませんか。しくしく。

ざっとこんな感じでしたか。
さて、私の脳みそはそりゃもう腐っているので、
相変わらずアンジョとマリウスは紫フィルター掛けて観てました。
死体から銃弾を抜き取ってくると言うマリウスを止めるアンジョ、
必死で止める彼をぎゅっと抱きしめて、「いいんだ」と言うマリウス。
「ぎゅっ」されてひるんでしまうアンジョがかわいくて仕方ありません。

今回の舞台写真の入った新しいパンフを買ってきました。
東山くんのジャケット着た写真が無かったのがちょっと悔しかった・・・。
うう、私のヴァンパイアが・・・(だから何観に行ったんだよ)
※追記・引きの写真は存在しました。
でも「私のヴァンパイア」のシーンはその前頁の坂元アンジョの方なのよぅぅぅ。
東山アンジョと岡田マリウスが並んで立ってるとこが見たかったのよおおぅぅぅ。

あ、そうそう。
前回は二階席での観劇でした。
一幕ラストの隊列を組んだ革命家達と、二幕のジャベールの死は
二階席でこそ楽しめるシーンでした。
一階の後ろで観るより、二階席の方が断然オススメです。
今後の観劇の参考に是非。

|

« ゆーひに引き続き | トップページ | 岩合光昭写真展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レ・ミゼ二回目:

» 新妻聖子(Keyword Search) [キーワードサーチ]
gooブログ<適合度順検索>にて、ただいま注目を集めているキーワード「新妻聖子」でこちらの記事が232件中、上位 12位にあるため、キーワードサーチのブログランキングで紹介させていただきました... [続きを読む]

受信: 2005.07.11 11:09

« ゆーひに引き続き | トップページ | 岩合光昭写真展 »