« オーディオ | トップページ | アイコン変更 »

2005.03.31

初レミゼ

ミュージカルと言えば真っ先に名前の挙がる作品「レ・ミゼラブル」。
暗いストーリーには興味がなかったので未見だったレミゼですが、
東山くんのアンジョルラスにつられて見てきました。

ノンケのマリウスくんに横恋慕する、
受なアンジョルラスくんの、愛と死の物語でした。

ホントですってば。

一目惚れの相手のことを語るマリウスに「今は民衆の為に進むべきだ」と諭して
女から遠ざけようとするアンジョルラス。
マリウスが撃たれて死んだと勘違いしたアンジョルラスは、
バリケードのてっぺんで旗を振り回して無駄死にするのです。

いやホントなんだってば。

見所はなんと言っても前半だけ着ている「黒い衣装」。
二人並んで立ったところに後ろから白いライトが当たっている様は
ヴァンパイアものを見ているかのような美しさでした。
ジャケット脱いだら白シャツにアームバンドなのもまたもへでした。
いやー、うっはりうっはり。

こんな感想でいいのか・・・。
検索してきた人のがっくりする様子が目に浮かぶようです・・・。

心配していた歌ですが、
母と友人には「思ってたより良かった。頑張ってた。」と好評でした。
私は東宝公式の映像で知っていたので「やはりここまでか」でしたが。
その代わり身のこなしは美しかった。
有名な死に様も素晴らしく美しかったです。背の反り具合も見事。
バリケードの上り下りをラクラクこなしていたのも印象的でした。
鈴木綜馬氏がよっこらよっこら下りた後に、彼がしゅたっと。むごいです。

それにしても、展開が早くておののきますね。
原作がながーい小説だから仕方ないのでしょうが。
しかし何よりおののいたのは

山口祐一郎がガリバーのようにデカかったこと。

岡くん出てなかったし、マルシアもちっちゃいしで、
カーテンコールで一人、人類の枠からはみ出たようにでかかったです。
森公美子の胸も人類からはみ出てた気がする・・・。

今更ですが、舞台はとても面白かったです。
キャストが良かったのもあるのかも。
2000回記念キャストの岡くんも見たくなりました。
人を惹きつけるカリスマ革命家、ハマり役だろうなぁ。
ヨシくんだとどうしても「俺が守ってやらなきゃ!」って人たちが集まるという意味の
カリスマに見えてしまうんだよねぇ・・・。

そして帰り道、こんな歌が頭の中を回っていました。

ぴよとぱむだのー 歌がきーこえーるかー♪
(本当は「戦う者の歌が聞こえるか~♪」)

※二回目の観劇レポートはこちら

|

« オーディオ | トップページ | アイコン変更 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初レミゼ:

» レ・ミゼラブル [舞台ビギナーズ!]
観に行って来ました!帝国劇場は「ミス・サイゴン」以来、2回目ですがホント大きな劇場だなぁーと。2階の最前列でしたが、それでも舞台が遠かったです。 やはり皆さん歌のレベルが高い高い、やや凹みました。つい最近まで劇中歌の中の「Stars」を練習していたのですが、... [続きを読む]

受信: 2005.04.26 15:51

« オーディオ | トップページ | アイコン変更 »