« 冬のガリレオ(酉年) | トップページ | ぐー! »

2004.12.26

帝劇には魔物が住んでいる

タイトルが大げさですが、特に意味はなかったりして。

梅田コマでチラシ見たから「モーツァルト!」再演するのは知ってました。
「エリザベート」のライブ版CDが出たから、どこかで売るはずだと思ってはいました。
「レ・ミゼ」のあのメンバーの中でヨシくんのアンジョルラスは無謀だと思ってました。

それら全てが津波のように私に押し寄せてきたのです・・・。

衝撃1 「モーツァルト!」帝劇で7・8月公演決定

コンスタンツェが「西田ひかる」と「木村佳乃」のWキャストに。
・・・松たか子を返せーーーーーーー(号泣)
西田のまづさは初演で母が怒り心頭だったんで知ってますが、
木村佳乃って歌えるの・・・?それ以前に、見た目から合わない。不安・・・。


衝撃2 「エリザベート」帝劇で9月公演決定

こりゃまた随分はえぇな、おい。
3~5までレ・ミゼ、7・8モーツァルト、9にエリザじゃあ、
山口にトート閣下を練り直すヒマなし。また同じもの見るハメに・・・。
振り付け、大島先生に戻らないかな・・・キャストも前のに・・・しくしくしく。


衝撃3 「レ・ミゼラブル」第一次制作発表・映像公開

ヨシくん、歌うとこ少なっ。しかも岡くんのあと。むごすぎ。
激しく不安を掻き立てられる映像でした。
しかし必死にキャスト表とにらめっこしている我が家はもうだめです。
駒田さんが3月のみだったとは。こりゃまづい。
3月しかない・・・ううう。5月でいいやと安心してたから、
3・4月分の一般前売り、とっくに開始しちゃってたよ。どーしよ。


4月はヨシくん、博品館でDIAMOND☆DOGSの舞台があるんですね。
演出振付助手・小山みゆき、協力・YOUYA・・・
その二人と踊るヨシくんが見たいんだってばー(号泣)
もっと上の人たちの舞台に出て磨かれてって欲しいんだよね、ヨシくんには。
ニィロと出てお笑いを磨き上げたりとか!(方向性間違い)

そんなニィロはまたしてもStudio Lifeに客演なんですね。
一度見てみたい劇団ではあるんですが、まだ未見です。
取り上げてる題材もほとんどが私達の時代の漫画だし。入りやすいはずなんだけど・・・。
宝塚のように、一度見たらがつんとハマるのかも。
しかし樹さんはパッション・パレードや八雲立つあたりは読んでるけれど、
OZは全く知らないのだ。むむぅ。迷う。

迷ってるうちにチケットが売り切れるのも、いつものことなのだが。

|

« 冬のガリレオ(酉年) | トップページ | ぐー! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 帝劇には魔物が住んでいる:

« 冬のガリレオ(酉年) | トップページ | ぐー! »