« びば・ぱむだ | トップページ | 秀丸エディタβ版 »

2004.05.09

キャンディード+リカディナーショー

本日のメニュー。
2時から5時まで「ミュージカル キャンディード」in 国際フォーラム(有楽町)
5時30分から8時まで「紫吹淳ディナーショー」in ホテルニューオータニ(永田町)

いやー、走った走った。
有楽町で端から端まで、永田町でまた端から端まで。
やっと着いたと思ったら、玄関から鶴の間までが遠いっ。
途中、クロークのお姉さんに聞いたら
「この先を150m程行ったところです」
・・・大きいんですね、ニューオータニ。

ざっとそれぞれの舞台の感想を。
■「キャンディード」
イチオシのニィロ(新納慎也<新納って「にいろ」で変換出来るのね…)がかわいらしさ爆発。
ホ○の神父に女装させられて弄ばれて捨てられたというエピソードが似合いすぎ。
ドレスがこれまた似合いすぎ。
膝抱えてしょんぼり座って中川君と会話する姿とか、あんまりにもかわいすぎ。
王子でも奴隷でも宣教師でも警察署長でも小道具に手鏡が付いていて、しょっちゅう美貌を確認するナルシストぶりもステキ。でも岡君がやってた役だそうで、ナルシスト度だけは彼に勝てなかったかもな…。あ、もちろん歌も勝てません。他の方が歌うまいだけにかなりデンジャラスでした。
歌で有名な主人公・中川君はさすがにオペラの人とオペラ調の曲歌うのは無理があったのでは。それぞれが歌うのは良いのにデュエットすると似合わない。
某前回の舞台「Pure L○ve」(全然隠れてないけど気にしないように)と違って 出てきた時にヒロインだと分かるヒロインだったのにもったいないことです。
岡君、インタビューで「一人称がワシなんです。演出家さんに言ったんですけど変えてくれないそうなので似合うように頑張ります」と言ってたハズなのですが思いっきり「俺」になってました。あまりにもあんまりだったんでしょうか…。
特筆すべきはオーケストラの素晴らしさ。
宝塚とかミュージカルとか観ていると、ここぞと言う時に音外すトランペットにイライラさせられることが多いのですが、今回のオーケストラは有名なオーケストラに所属していて現在フリーで活躍している楽団メンバーに、外人さんの素晴らしい指揮者さんを招いていて、最初の一曲目で感動してしまうほどの凄さでした。こうあるべきだよ~、うんうん。
舞台の内容は哲学がテーマだったのでどちらかというと難解。しかも「何故そんな当たり前な結論?」という終わり方だったんですが…私には哲学は不要のようです。

■「紫吹淳 ディナーショー」
最初の方のトークで「今日は男役の衣装持ってきてません」と言い放ったリカさん。
アンコールでダークスーツは詐欺だ~!不意打ち~ちきしょ~かっこい~ぃぃぃ。
アンコール含め5着の衣装、そのどれもが普通でなく、すべてを彼女らしく着こなしていたリカさんはやっぱりすごい人なのでした。
特に白シャツに黒ロングスカートのドレス姿がえらくかわいくてステキでした。なんというか、格好良くてかわいらしい。つくづく不思議な人だなぁ。
あ、歌ですか?頑張ってました。<精一杯の褒め言葉

そしてディナーショーといえば、私には記録せねばならないことがあります。
今回のパン食い数:4個。
ホテルのパンっておいしいですよね。必ずおかわりをするのが恒例になっているのですが、今日は走り疲れて限界でした。無念。
今のところ最高記録は7個でしたか。おかげで食べ終わるのが遅くなって、ペンライトが売り切れてしまった記憶があります。
「今日ペンライト少ない!」と悲しげなTHE CONVOYリーダーねずみさんに「うりきれー!うりきれー!!」と小声で叫び(2列目だったので何とか届いた)「え?売り切れちゃったの?ごめんなさい暴言でした」と言わせた記憶が…。パン食ってて遅れた私を許してくれリーダー…。

|

« びば・ぱむだ | トップページ | 秀丸エディタβ版 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キャンディード+リカディナーショー:

« びば・ぱむだ | トップページ | 秀丸エディタβ版 »